特別児童扶養手当の所得制限を解説 支給停止されるかも!

特別児童扶養手当所得制限アイキャッチ

障害児を支える親に支給される”特別児童扶養手当”。少なくない金額が支給され、生活費の補てんや、将来の子どものための貯蓄に使っている方が多いと思います。

しかしこの”特別児童扶養手当”には所得制限が設けられており、1円でも設定された金額を所得が超えると、支給停止されてしまいます。

毎回貰えていた数万円が無くなると、将来の不安が増えたり、家計に支障が出たり。できれば支給停止は避けたいところ。もし超えそうになったら、残業を減らしたりして調整すれば支給停止を防げるかもしれません。

ここでは”特別児童扶養手当”の所得制限を徹底解説いたします。

サラリーマンの方を対象に記事を書きます。個人事業主の方々なら記事を読んでいただければ、すぐご理解いただける内容です。

 

収入と所得の違い

所得制限を理解する上で、”収入”・”所得”・”課税所得”の違いを理解する必要があります。そこまで難しくはないので、以下をしっかり確認してください。

 

収入とは

お給料の事を収入(しゅうにゅう)と言います。毎月貰っている給料&ボーナスの総額を出してみてください。

手取り金額ではありません。所得税や厚生年金保険料等が引かれる前の総額が収入です

 

所得とは

収入から”給与所得控除”を引いが額が所得となります。

収入 - 給与所得控除 = 収入

給与所得控除の計算式は以下の表の通り

給与額 給与所得控除
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 2,200,000円(上限)

※平成29年以降の給与所得控除計算式

 

特別児童扶養手当の所得制限

ここからは所得制限に関して説明します。具体的な計算式も記述しますので、ぜひ参考にしてください。

 

制限がかかる所得額

扶養人数 本人(親) 扶養義務者(祖父等)
0人 4,596,000円 6,287,000円
1人 4,976,000円 6,536,000円
2人 5,356,000円 6,749,000円
3人 5,736,000円 6,962,000円
4人 6,116,000円 7,175,000円
5人 6,496,000円 7,388,000円
6人 1人増すごと380,000円加算 1人増すごと213,000円加算
本人とはお金を受け取る人(親がほとんど)を指します。ダウン症児ではありません。

 

具体的な計算式

所得 - 8万円 - 障害者控除

障害者控除は、療育手帳がB判定の場合は27万円。A判定の場合は40万円になります。

要は軽度・中度なら27万円。重度以上なら40万円という事です。

この計算式で割り出された金額が、上記の所得を超えていた場合、特別児童扶養手当は一切支給されません。

 

事例No:1で確認

夫収入:750万円 妻収入:0円 中度障害のダウン症児1人

750万円 × 10% + 120万円 = 195万円 ←給与所得控除

750万円 - 195万円 - 8万円 - 27万円 = 520万円

支給されます!

しかし奥様が働いており、旦那様の扶養に入っていなければ支給停止されます。

 

 

事例No:2で確認

夫収入:770万円 妻収入:0円 中度障害のダウン症児1人

770万円 × 10% + 120万円 = 197万円 ←給与所得控除

770万円 - 197万円 - 8万円 - 27万円 = 538万円

支給停止されます!

 

20万円の年収の差で特別児童扶養手当が停止されます。残業代を調整する等で支給されるようにするのも一つの手です。

 

注意点

その他注意しておく点を紹介いたします。

 

祖父母がお金持ちの場合は注意

所得制限は特別児童扶養手当を受給する親だけではなく、祖父母や兄弟など、扶養義務者の所得が超えていた場合も支給停止されます。

受給者本人(ダウン症児の親)から見て

  • 父母・祖父母・曽祖父母
  • 子・孫・曽孫
  • 兄弟姉妹

 

児童手当と所得制限の額は違う

児童手当にも所得制限があります。所得制限の額は以下の通り↓

扶養人数 本人(親)の所得
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円
6人 1人増すごと38万円円加算

特別児童扶養手当の所得制限額と比べると、かなり高く設定されている事がわかります。

児童手当は所得制限を超えた場合、支給停止ではなく、支給額が下がります。一律一人5,000円。

 

家族の所得は合算しない

夫婦ともに収入がある場合、どちらか多い方の所得だけで考えます。合算されることはありません。

夫が600万円、妻が300万円だった場合、夫の600万円だけの所得で見ます。

 

子供が20歳になるまで貰える

ダウン症児が20歳になるまで支給されます。そして20歳以降は、ダウン症者本人が障害年金を受給する事となります。

障害年金徹底解説 ダウン症者はいくら?いつからもらえる?

2016.07.06

 

最後に

特別児童扶養手当の所得制限は以外に低く設定されています。しかも一気に支給停止されてしまいますので、ギリギリ制限に引っ掛かる人は、計画的に所得を下げて受給できるように調整しても良いかもしれません。

特別児童扶養手当は生活費の補てんに使うのではなく、将来の子どものために、しっかり溜めておきましょう!

3 件のコメント

  • ヤマヤマ より:

    こんにちは。
    特別児童扶養手当の所得制限のマトリックスで「本人(親)」となっていますが、「本人」はその障害者本人のことであり、親は「扶養義務者」に当たるのではないでしょうか?たとえば、事例NO:2の方も手当が支給されると思うのですが。ありがたいことに給与がアップしてこれまで通り支給されるのか調べていたところです。

    • コメントありがとうございます。
      特別児童扶養手当を受け取るのは、障害者ではなく、障害者を扶養している人です。ですので、親の収入が高ければ支給停止されます。
      障害者本人の所得は関係ありません。

      ヤマヤマさんの給与 – 給与所得控除 – 8万円 – 障害者控除 – その他控除(あまり引くものはありません) = ○○円
      この○○円が所得制限に引っかかっていたら全額支給停止となります。

      一度確認してみてください。

      • ヤマヤマ より:

        コメントありがとうございます。

        確かにおっしゃる通りですね。勉強不足でした。。
        スッキリしました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です