PT(理学療法)OT(作業療法)ST(言語聴覚療法)の解説 違いって?

PT,OT,ST,言語聴覚療法,作業療法,理学療法

ダウン症児が生まれたら、各自治体が用意してくれている”療育センター”に通う人が多いと思います。

療育現場で飛び交う専門用語は沢山あり、健常児を育てるご両親はあまり触れる機会のない言葉ばかり。

 

今回は”ST” ”OT” ”PT”に関して解説いたします。それぞれ専門分野があり、子供の弱い部分を引き上げてくれます。何が弱いのか?それを補ってくれる専門家は誰か?を見極めるためにも、”ST” ”OT” ”PT”はしっかり理解しておきましょう。

 

PT(Physical Therapy)│理学療法

Physical Therapist│理学療法士の事も指します。理学療法士の国家資格に合格した者だけが名乗れます。

PTの基本的な仕事

主に身体に障害のある人、もしくは身体の成長に遅れのある人向けに、日々の生活ができるよう指導してくれる人です。「基本動作能力の回復」これが仕事です。

ズリバイ・ハイハイ・お座り・つかまり立ち・歩行等々もしっかり指導してくれます。

私の息子も理学療法士(PT)の先生に指導をうけ、ズリバイが早い時期に綺麗にできるようになりました。ダウン症の子って、ズリバイせずに座りながら移動する人が多く、そのため筋肉が付かない子が多いんです。筋肉をしっかりつけるためにもPTは重要です。

理学療養士協会ホームページ

http://www.japanpt.or.jp/

 

OT(Occupational Therapy)│作業療法

Occupational Therapist│作業療法士の事も指します。作業療法士の国家資格に合格した者だけが名乗れます。

OTの基本的な仕事

主に「複合的な動作能力の回復」をするのが役割です。理学療法士と混在する人が多いのですが、理学療法は「基本的」作業療法は「複合的」な動作の指導をします。

例:
手足の曲げ伸ばし等の運動療法
服の着替えや入浴等の日動生活活動

あとスポーツ・遊び・手工芸等の指導を行い、「社会的適応能力の回復」もOTの役割です。

日本作業療法士協会ホームページ

http://www.jaot.or.jp/

 

ST(Speech Therapy)│言語聴覚療法

Speech Therapist│言語聴覚士の事も指します。言語聴覚療法士の国家資格に合格した者だけが名乗れます。

STの基本的な仕事

主に「音声・言語・聴覚機能の維持向上」をするのが役割です。

これらの機能の改善をするために、訓練や訓練指導だけではなく、医師や歯科医師と連携し医療指導を行う事もあります。PT・OTと同様に”摂食”に関して、また違った角度から指導を行ってくれます。口腔に関する知識に富み、虫歯や誤飲対策もSTが指導するケースが多いようです。

日本言語聴覚士協会ホームページ

https://www.jaslht.or.jp/

 

以上PT・OT・STに関する簡単な解説でした。それぞれに役割・専門分野が設定され、障害を持った人たちに合った療育・介護方法を実施してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です