年齢別ダウン症児が生まれる確率 初産と経産では確率違う?

ダウン症,確率,高齢出産,経産婦,初産,年齢別,1000人に1人

ダウン症は約1,000人に1人の確率で生まれると言われています。年間の出生数が100万人程なので、単純計算で毎年1,000人程ダウン症を持った子が生まれていることになります。

しかし妊婦の年齢により、ダウン症が生まれる確率はかなり違ってきます。単純に1/1,000の確率ではありません。

ここでは年齢別のダウン症児が生まれる確率を記載します。またこの統計に隠れた問題にも触れていきたいと思います。

 

ダウン症が生まれる確率

一般的に男性も女性も年齢が上がるにつれ、ダウン症を持った子が生まれる確率があがります。

 

母親の年齢別ダウン症児出生確率

20歳 1/1667
25歳 1/1250
30歳 1/952
31歳 1/909
32歳 1/769
33歳 1/625
34歳 1/500
35歳 1/385
36歳 1/294
37歳 1/227
38歳 1/175
39歳 1/137
40歳 1/106
41歳 1/82
42歳 1/64
43歳 1/50
44歳 1/38
45歳 1/30
46歳 1/23
47歳 1/18
48歳 1/14
49歳 1/11

※「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」ワーキンググループ 報告書より

35歳ぐらいからダウン症を持った子が生まれる確率がかなり上昇しているのがわかります。

新型出生前検査(NIPT)が35歳以上の妊婦に限られている理由の一つとされています

 

父親の年齢も関係ある?

父親の年齢別ダウン症児出生確率は研究結果が出ていません。認知がなく父親不明の出産や、実際の父親と違う男性が認知をしているケースもあるので、正確なデータが収集できないのが原因と言われています。

なので男性の場合は「高齢になるほど、ダウン症児が生まれる確率が高くなる」としか書けないのが現状です。アメリカの研究でも、具体的な確率は示されていませんが、「母体だけでなく、男性側の年齢も因果関係がある」と書かれています。

 

問題点

私は「母親が高齢の場合ダウン症児が生まれる確率が上がる」と一般的に認識されていることに、強い憤りを感じます。まるで母親が悪い!と言っているように聞こえます。そんな事は絶対にありえません。

父親も母親も生まれてくる子供も誰も悪くはないのにも関わらず、このようなデータから勝手な思想が広がっている。あまりに安易です。

ダウン症の息子が生まれた時、妻がずっと「ごめんね!」と私に言っていました。お腹を痛めて産んだ子だから、より強い責任を感じるのは解りますが、誰も悪くはないのです。ダウン症に関わらず、ただ生まれてきた子供に親が責任をもって育てれば良いだけだと思います。

 

ダウン症の原因

ダウン症児がお腹に宿る原因は大きく分けて2つあると言われています。

卵子・精子が作られる時の分裂異常

受精卵が育つ過程での分裂異常

※受精卵が育つ過程での分裂異常ではない、と言った研究もあります。

 

男性・女性が高齢になるにつれダウン症が生まれる確率が上がるのは、精子・卵子が作られる過程で異常が発生しやすいからです。

 

初産と経産婦で確率は違う?

初産と経産でダウン症を持った子が生まれる確率は変わるのか?確かな研究結果は内容ですが、

 

初産・経産で確率は変わりません。

高齢の方が確率が高いので、そういう意味では経産の方がダウン症を持った子が生まれる確率が上がりますが、二人目三人目だからダウン症の確率が上がることはありません

 

私の知り合いにも長男がダウン症で、その後四人全員健常児を出産した方がいらっしゃいます。うちは一人目が健常児で二人目がダウン症でした。

 

高齢出産を控えている方へ

これから高齢出産を迎える方は期待もあれば不安もあることと思います。元気に産んであげられるのか?母体には大きな負担はないか?流産のリスクは高いのか?等々、色々考えてしまうのではないでしょうか?

私はダウン症を持った息子がいますが、これ以上ないほどの幸せを毎日感じています。

不安に思うことは沢山あると思いますが、お腹の中の子を大切に大切に育ててあげて下さい。

母子共に元気に出産を終えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です